石川からの贈り物  牛首紬

生産量がきわめて少ないことから

希少価値がもてはやされる牛首紬ですが、

 

前回の染九寸帯に続いて、今回は着尺のご紹介です。

すべて手作業である牛首紬は、

高機で織られる際

三軒隣に聞こえるくらいの音がするといわれるほど、

強くすばやい打ち込みがされます。

 

それが「釘抜き紬」と言われるほどの強さを生むのです。

 

気品のある光沢と玉繭の子節の風合いに一目で魅了され、

触るとその織り目の細かさと軽さに驚き、

張りのある強さと肌なじみの良さが実感できます。

 

 

その気品ある光沢から後染めの訪問着や袋帯は

セミフォーマルとしてお召しになることもできます。

 

今回の着尺は落ち着いた色合いの先染めの縞模様。

 

カジュアルな名古屋帯と合わせて気負わない仲間との集まりなどに。

 

 

袋帯を合わせてちょっとワンランク上の装いに。

 

 

着物好きな方には是非おすすめしたい

希少な牛首紬の着尺です。

 

#きもの #絹や #着尺 #牛首紬 #きもの女子

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>